医師・スタッフ紹介

医師紹介

院長 岡本 純英(おかもと すみひで)

専門医・認定医など
  • 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医・指導医
  • 日本卵子学会認定 生殖補助医療管理胚培養士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖心理学会 常務理事
  • 日本不妊予防協会 副理事長
  • 日本IVF学会 理事
  • 日本生殖再生医学会 理事
  • 日本生殖医学会 代議員
  • 日本受精着床学会 評議員
  • ARTナースアカデミー 世話人
  • アメリカ生殖医学会(ASRM)会員
  • ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)会員
  • オーストラリア生殖医学会(FSA)会員
経歴
1976年
長崎大学医学部産婦人科入局。
1985年
「ヒト培養黄体細胞のSteroidogenesisに及ぼすLHRHの直接抑制作用に関する研究」で医学博士。
1985~1987年
文部省在外研究(若手教官)甲種長期に合格。 オーストラリア・メルボルンモナシュ大学クイーンヴィクトリアメディカルセンターエップワースホスピタルの体外受精、胚移植医療センターに日本人初の正規留学生として国費留学。 同センター客員研究員、IVFクリニカルリサーチフェローを務める。
1991年
長崎市江戸町に岡本ウーマンズクリニック開業。
2005年
ISO9001取得。 日本生殖補助医療標準化機構(JISART)入会。

副院長 山口 敦巳(やまぐち あつみ)

専門医・認定医など
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
経歴
長崎大学医学部卒。 長崎大学医学部産婦人科に入局。 内分泌、不妊研究グループに入り、直属の上司であった院長のもと、不妊治療の基礎、培養技術の手法を学ぶ。 長崎大学医学部付属病院産婦人科講師、医局長等を経て2008年10月より当クリニックに着任。

医長 長野 純大(ながの すみひろ)

専門医・認定医など
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
経歴
久留米大学医学部卒。 長崎大学医学部産婦人科に入局。 長崎大学医学部付属病院、島原マタニティ病院、出口医院レディースクリニックを経て2016年11月より当クリニックに着任。

スタッフ紹介

医師

三人の医師が診療を行っています。 患者様おひとりお一人に寄り添い、 患者様にとって最も適切な診断と治療を提供します。

産婦人科医師募集のお知らせ

1.業務拡張の為、産婦人科専門医3名を募集致します。

ART岡本ウーマンズクリニックは体外受精胚移植を専門とする不妊治療クリニックです。
分娩はしません。婦人科一般外来は相談のうえ、最適の施設を紹介するなどにとどめ、 不妊治療に専念しております。
入院ベッドは母体保護法指定時には用意しておりましたが、現在は状況も変わりましたので、不妊治療時の麻酔覚醒までのリカバリーベッドに使用、有床を返上し現在無床です。従って4階建ての自社ビルでの夜勤、当直はありません。
 ART:Assisted Reproductive Technology生殖介助医学、高度生殖医療が本業です。

日本生殖補助医療標準化機関JISART会員で毎年ISOの維持審査を更新しております。

募集人員

医師募集の対象者 募集枠3名:シニア(院長片腕)、ベテランそして大型新人の3名です。

シニア 産婦人科専門医・指導医1名
ベテラン

一般不妊外来経験者で産婦人科専門医取得を目指される方、ぜひ相談を。
院長は元国立大学産婦人科講師、国費留学、管理胚培養士、
ART国費留学豪州Melbourne Monash UnivのClinical Research Fellow 1986-87
現Aspire Editorial Board Associate Editor
独立開業をお考えの先生も歓迎、全ての助言を致します。

若手

新進気鋭の若武者 期待してお待ちしております。
研修が終わりARTの基礎医学から臨床ワークまで徹底して指導致します。
私を指導したPhD Alan.O.Trounson先生はDavid.K.Gardnerを指導されたことでも有名ですCenter of Early Human Development.

昨年末、日本生殖学会より功労会員の称号を授与頂きました。まだ現役のつもりでおりましたが、表彰を受け後進の指導おこがましくも、せっかくの技術の伝承も重要と考えます。
惜しみなく、開発論文化したテクノロジーをお伝えします。

 

業務:不妊治療一般

一般不妊治療:古典的不妊治療における不妊因子特定のための諸検査タイミング妊娠法の指導および配偶者間人工授精
一般外来は不妊症検査と初診からの体外受精に至る不妊、不育症、生殖内分泌ホルモンの測定などの諸検査、
PGT-A・PGT―SRなどの準備での臨床遺伝検査等を行っております。

ご専門が生殖医療に特化されてなくても複数医師募集のため前歴を尊重しての募集です。ご専門が周産期(産科)腫瘍(癌治療・婦人科病理)女性科(ウーマンズヘルス)等でも
今後、生殖医学への道を志向されている研究熱心な先生方も、もちろん対象とします。
ご希望があれば、学会入会、学会ご発表、論文発表を全面的にご支援,指導致します。
生殖医療専門医取得の申請には施設での学会活動歴が必要です。

業務:生殖介助医療:ART

Assisted Reproductive Technology 全般
通常の体外受精・胚移植: Conventional IVF-ET
2次元3次元経膣超音波断層による卵胞計測と調節卵巣刺激の外来管理
ガラス化保存胚盤胞:Segmentation法でCryo(-preservation) All、OHSS Free Clinicを実践 Single Blastocyst Transferで多胎妊娠防止、
新Letrozole法でOHSS防止法確立 良好な治療成績を更新中
HRT(調整子宮内膜下)単一保存胚盤胞Warming後胚移植

T VUSG Guided Pinpoint SET経膣超音波断層ガイド下ピンポイント胚移植法)をGolden Standardしている

顕微授精: ICSI:Intra Cytoplasmic Sperm Injection PIEZO ICSI AHA等、
Time Lapse Incubator高度生殖医療を支える先端機器
PGT-A特別臨床研究参加
3D超音波卵胞容積測定と画像保存View palを仕様。データ管理は万全です。

ファイルメーカーのデータベース、エクセルと電子カルテ、Security対策と院内LAN、ロッシュ社 迅速ホルモン測定結果の外来診療への応用など、常に最善を目指す。NGSのMISEQは所有するも将来の備え、今は、特別臨床研究中なので稼働はせず、お預け中である。PGT-Aは学会規約遵守でゆく。PDT-Aは厳重管理下で研究期間中の段階なので手堅く藤田医科大学OVUSとコラボレーションしながら、指導を仰いでいます。モザイクの評価はやはり専門家の先生にお願いしないといけない段階にあると思っています。既に良い結果(妊娠中)も出始めました。
以上がクリニックの近況報告です。

募集の対象

① 医学部ご卒業後の研修、将来のご自身、体外受精施設開業に備えての体外受精胚移植術の期間限定の研修も歓迎します。
後期研修医の研修施設の指定も取得しています。
もちろん期間限定の研修目的であられても、医師としての待遇は保証します。
県外からおみえで長崎の地理にご不安があれば、もちろん宿舎の提供も致します。

生殖医療専門医、指導医をお持ちの方,お持ちで無くてもこれからをお考えの方々に。是非ご検討下さい。

② 現役のエキスパートの先生方には、できうる限りの条件で厚遇致します。
既に体外受精ART施設で就労された経験の有られる生殖医療専門医のお方の場合、三顧の礼をもってお迎え致す所存です。

共に不妊治療に取り組んで頂ければ、私が生涯をかけて取り組んで参りました不妊治療の臨床、研究、技術について、余すところなく、持てる者全てを、惜しみなく提供したいと念願している次第です。これまでに、培って参りましたARTの技術の粋をお伝えします。

培養を担う胚培養士、患者によりそう看護師、相談士およびフロント医療事務を担う事務およびフロントの受付業務

JISART(日本生殖補助医療標準化機関)の研修に励み医師を支えています。
不任治療に専念出来ます。

理事長・院長:岡本純英のプロフィール

1976年医学部卒業から78年医員終了の時代、RIセンターで女性ホルモン測定の為、RIAの試験管を降っていた頃 R.G.Edowards博士の体外受精・胚移植成功のニュースが飛び込んで参りました。それから40年が経ち、昨年惜しくも心筋梗塞で急逝されましたARTの盟友 故 原 利夫先生がお世話されたARTナースアカデミアの席でLouise Brownにお会いすることが出来ました。「My life as the WORLD‘S FIRST TEST -TUBE BABY」と題する自叙伝の著書も頂きました。現在、彼女は自然妊娠で二人のお子さんを授かり2児の母です。ARTが私のLIFE WORKと判り激励の言葉を頂きました。

院長履歴

日本産科婦人科学会専門医・指導医(研修施設指定)
日本生殖医学会功労会員(2020年授与)日本生殖医学会認定 生殖医療専門医・生殖医療指導医(平成17年)期)
元長崎大学産婦人科講師 医師 医学士 医学博士
文部省公式派遣の正規国費留学・現地IVFチームで2年間研修豪州メルボルン・モナシュ大学IVF Research Fellow(1985-86) R.G.Edowords博士のライバル
A.O.Trounson 博士、Carl.Wood教授、David L.Healy教授に師事、薫陶を受け国際誌に論文発表
JCE&M, およびBMJに1st nameでART論文発表(Edwards博士に引用2回)
日本卵子学会管理培養士
日本生殖医療標準化機関(JISART会員)
日本不妊予防協会副理事長
日本受精着床学会、日本IVF学会、日本生殖心理学会、日本生殖発生学会、役員

院長 岡本純英の自己紹介

理事長・院長である私、岡本純英は、1950年生まれ。満70歳の古希を迎え幸い健康には恵まれておりますが、せっかく築き上げたART岡本ウーマンズクリニックの今後を考えています。管総理は不妊治療と少子化対策を国策とする宣言をなされました。

ここにおいて、志を同じくされる新進気鋭の若き産婦人科の先生方に、ぜひ本場豪州仕込みのART医療の神髄をお伝えしたいとの思いに駆られました。このまま朽ちさせては勿体ない!損得無しの決断を致しました。もとより、教えるのは大好きです。

これからの生殖医療の発展に熱意をもって取り組まれる医師をお迎えし、共に相談にお見えの、みなさま様方に挙児希望の願いを達成して頂いて、その達成の、喜びとお役に立てたという醍醐味を分かち合いたいと切望しております。

現在、国際標準の成功率の指標Cumulative Live Birth Rate (CLBR)は新Letrozole法(岡本法:田中温先生より銘々頂いた)によりOHSS予防に成功し治療キャンセルを免れた症例による成功例が加わり他者の約2倍の以上の実績を示すに至っております

当院自社ビル2Fのラボラトリーです。もちろんクリーンルームです。今日体外受精成功率評価の国際的指標は単に妊娠率ではなく累積生産率で示します。
当院AOC(ART OKAMOTO CLINIC)のCumulative Live Birth Rateを示します。
New Letrozole Okamoto Method OHSS Free Clinic GnRH Antagonist Agonist Method 3D Follicle Volume and d(V) Volson e10 Sono AVC System Viewpal
All Cryopreservation Segmentation HRT Single Vitrified Blastocyst Transfer
Transvaginal Ultrasound Guided Pinpoint Embryo Transfer etc.
MONASH TEAM CHRISTMAS PARTYにて右下が若き日の岡本純英(35歳)

(問い合わせ先)

メール s-okamoto@okamotoclinic.gr.jp
電話番号 095-820-2864

培養室部門

胚培養士(日本卵子学会認定)は、胚(細胞)培養のプロです。 経験豊富な胚培養士が、管理胚培養士(日本卵子学会認定)の資格を持つ院長の責任のもと、受精卵の培養、観察、精子の調整から顕微授精、胚移植など、徹底した安全管理体制で行なっています。

看護部門

私たち看護師の役割は、受診されたすべての患者様が、正しい情報のもとに自分の治療を選ぶことができるよう、不妊治療に関するあらゆる情報を提供することです。そして、患者様が不妊治療の情報を正しく理解しているか確認することもまた、私たちの大切な役割です。 治療に際しましては、患者様が心身ともに自立できるようセルフケア支援を行います。また、治療の見通しとゴールについてカップルが十分に考え、相談が出来るよう支援していきますので、どうぞ安心してご相談ください。

受付部門

私たち受付部門は、窓口対応や会計業務、保険請求を中心に担当しています。 患者様に接している時間は少ないですが、笑顔でお迎えし、少しでも安心して来院いただけるよう、待合の環境整備、情報提供に努めています。 何かお困りの点がありましたらお気軽にお声かけください。