医療法人ART 岡本ウーマンズクリニック 長崎の不妊治療専門院

ご予約・お問い合わせTEL.095-820-2864 長崎市江戸町長崎県庁正門から徒歩1分
ご予約・お問い合わせTEL.095-820-2864

体験談体験談

当クリニックで実際に不妊治療に向き合った皆さんからのお便りをご紹介しています。
通院中の患者様はもちろん、不妊治療を考えているけれども今一歩踏み出せずにいる皆さんへの力と勇気になれば嬉しいです。

→2016年の体験談はこちら

体外受精ならすぐに妊娠出来るのではないかと勝手に思っていました

結婚は早かったのですが、仕事優先の生活を続けてしまい気が付くと40歳目前となっていました。
約1年自分でタイミングを計っていましたが全く成果も出ず、体外受精ならすぐに妊娠出来るのではないかと勝手に思っていました。いざ、貴院を受診したところ私に子宮内膜症やチョコレート嚢胞と病気がある事、素人には分からないホルモン等の数値が妊娠には重要な事、病院へ通うようになり様々な事が分かりネットで検索ばかりしていました。
貴院に初めて受診してからは子宮と卵巣の腹腔鏡手術を行い、良い卵子と赤ちゃんを妊娠する事ができ、H29年9月に無事可愛い女の子を出産する事が出来ました。
治療中は日々不安と1時間かけて通院するのが大変でしたが、我が子の顔を見るたび良い思い出となっています。岡本先生をはじめ山口先生、看護師の皆様、他スタッフの皆様へ感謝の気持ちがいっぱいです。
出口の見えない長いトンネルの中にいた頃もありましたが、貴院でお世話になる事ができ本当に良かったです。ありがとうございました。

私も妊娠出来るかもしれないと期待できるようになりました

私が本格的に不妊治療に取り組んだのは、こちらのクリニックが初めてです。それ以前も受診していた病院数か所で、妊娠しにくいという指摘は聞いており薬の内服等をしていましたが、妊娠につながる気がせず続けることが出来ませんでした。
初めて岡本先生に夫婦揃ってお話しを伺い、年齢的なことも考えてと長い時間治療方針を説明して頂きました。検査も順を追って様々実施され、計画も立てて頂き私もいよいよ妊娠出来るかもしれないと期待できるようになりました。治療の進め方について丁寧に説明して頂いたおかげだと思います。
私は、凍結保存胚の移植で2人赤ちゃんを授かりました。失敗だった受精卵もあり不安や悲しい事もありましたが、治療を続けられたのは私が希望を持てるようなクリニックのスタッフの方々皆さんが支えてくださったおかげです。2人の赤ちゃんに出会えて治療を続けられて良かったと、支えてくださったスタッフの皆様に本当に感謝しています。
これからも諦めずに赤ちゃんを抱けるお母さんが増えますように。

まさか自分が不妊治療をすることになるとは・・・

まさか自分が不妊治療をすることになるとは・・・と、思っていました。
結婚=子供だと誰しも思っていると思います。病院に通いだしてからは、何だが待合室で待っている方々の多さとピリピリ感で自分も気持ちに余裕がなくなっていたのを覚えています。けれど、やらなきゃ妊娠には至らないと割り切りそこからは必死でした。
細かく管理されているので(通う日にち薬など)週に何度も遠い自宅より通うのは大変でしたが、そういう苦労や管理があったからこその今があると思っています。採卵手術や戻す行為や恐さもありましたが、一番大切なのは気持ちを保ち続けることと思いました。

早めに転院(検査・ステップアップ)して良かったです

早めに転院(検査・ステップアップ)して良かったです。
28歳(夫29歳)で結婚。元々生理不順があったため、近医の産婦人科に通院(タイミング法)していました。『多嚢胞性卵巣症候群』との診断でしたが、通院での治療は上手く卵が育たず、もしくは育ちすぎてタイミングを上手くとれないこともありました。先生から、「自己注射での排卵誘発…もしくは体外受精の方が早くママになれるよ」という言葉に後押しされ、貴院への転院を決めました。
転院し夫婦共に検査したところ、男性不妊もわかり顕微授精へとステップアップすることになりました。治療に対する不安も大きく身体・精神面ともに辛い事もありましたが、いつも優しく分かりやすい説明をしてくださる先生や看護師の皆様のおかげで頑張ることが出来ました。
結果的に1回目の採卵、2回目の凍結胚移植で妊娠出産することができ30歳で可愛い我が子を抱くことができています。
転院の際は迷いや不安もありましたが、早めに転院して良かったです。

4回の体外受精、ストレスを溜めない事が大切だと思いました

体外受精4回目で授かることが出来ました。
自己注射・内服薬と辛い事、陽性反応がかすりもせず泣いた日々もあり転院も考えていました。4回目で陽性反応を頂いた時は、実感が湧きませんでした。今は、順調に小さな命も育っているところです。
4回体外受精で体験して思ったことは、ストレスを溜めない事だと思いました。食事も好きな物を4回目の時は食べていました。
治療中の皆様も辛い日々があると思います。先生、ナースを信じ自分を信じ頑張ってください。培養士、受付の皆様もありがとうございました。

仕事と子育てをしながらの治療はいろいろと大変でしたが・・・

皆様のおかげで無事に第2子を出産することが出来ました。ありがとうございました。
1人目も岡本ウーマンズクリニックさんで治療を行い、無事に出産し元気に成長しています。
2人目の治療を始めた時、久しぶりに会った看護師さん達から「久しぶり、元気だった?待っていたよ」と声を掛けて頂いて嬉しかったです。
凍結卵を使って治療を開始しましたが、上手くいかずまた顕微授精を行いました。
仕事と子育てをしながらの治療では稽留流産も経験しましたが、周りの方が「赤ちゃんはまた会いに来てくれる」「妊娠する体になっている」と声を掛けてもらい治療を続けました。
妊娠しましたが、初期は出血があったり中期は胎盤が下がってきている事があったりしましたが、周りの方々のおかげで無事に出産することが出来ました。
いろいろ大変なことはありますが子供がいることで経験できることや、嬉しさ楽しさを感じ子供の笑顔と一緒に過ごすことは幸せだなと実感します。たくさんの人にも味わってほしいなと思います。
岡本ウーマンズクリニックの皆様本当にありがとうございました。感謝しています。

わがままになる覚悟を持つといいかもしれません

通院中は、「内服薬や注射の副作用で体調が良くない」「経済的な不安」「通院では時間をとられる」「仕事の休みをとりにくい」「体調が悪い日は家事が出来ない」「家族の協力を得られない時もある」「少しの態度や周りの赤ちゃんの声が気になる」など大変でした。
今考えると、もっとわがままになって周りに全面的に頼ったり、愚痴を話したりすればよかったかなと思います。周りに遠慮ばかりしていると気分的に追い詰められます。治療をすると決めたら、わがままになる覚悟を持つといいかもしれません。

しんどい不妊治療を乗り越えられたのは、主人のサポートのおかげです

2年間自分でタイミングを頑張りましたが、子宮に恵まれず岡本先生にお世話になることにしました。
検査の結果99%自然妊娠は無理だろう・・・そして最初から顕微授精を行った方が良いと言われました。自分達にはそんなにも妊娠力が無いのか・・・とはじめは落ち込みましたが、全て先生にお任せする事にしました。不思議とそれから楽になり以前は生理がくるたびに泣いてしまったりしていましたが、きちんと生理が来た!とポジティブな考えになりました。
一度の顕微授精で12個採卵でき6個凍結する事も出来ました。一度化学流産し4回目の凍結胚移植で妊娠することが出来ました。心が折れかけて、もう治療をやめたいと主人に相談しようか悩んでいました。妊娠中も切迫流産、切迫早産、頻脈など安定期がほとんど無くヒヤヒヤしてばかりの妊婦生活でしたが、無事元気な男の子を授かることが出来ました。
身体的にも精神的にも経済的にもしんどい不妊治療を乗り越えられたのは、間違いなく主人のサポートのおかげです。できる限り休みをとり病院にも付き添ってくれました。我が子は可愛くて頑張って良かったなと思います。毎日幸せです。
治療は本当にきついですが焦りすぎないで良いと思います。私は旅行など優先に考え移植スケジュールを組んだり、とてもゆっくりのペースで進めていました。
今治療している方々、無理をせず追い詰めてしまわないように頑張って下さい。

諦めるための最後の治療でした

私の場合はとても長い期間お休みがあっての治療で諦めるための最後の治療でした。それが本当に妊娠につながるとは思いもよらず、驚きとうれしさで涙がとまりませんでした。
結婚して間もなく治療をはじめ、2軒目の病院が岡本ウーマンズでした。それから4~5年くらい頑張ったものの結果が出ず、親せきや家族からも心ない事を言われた事もありました。私自身もやる気がうすれて、長期間、足が遠のき、5~6年もの長い間治療を休む事になりました。でも、凍結胚の廃棄だけは出来ず、保存だけを続け、40歳を節目に最後と思い治療し、今は本当に頑張って良かったと心から思います。

待望の長男を授かることができました

待望の長男を授かることができました。
不妊治療を受けるか悩んでいる方には、ぜひお勧めしたいと思います。
ありがとうございました。

もっと早いうちに行けばよかった

通院、治療にあたり不安も大きかったのですが、先生をはじめスタッフの方の丁寧な説明で安心して始めることが出来ました。
なかなか通院の一歩が踏み出せなかったのですが、もっと早いうちに行けばよかったと今は思います。おかげさまで無事元気な赤ちゃんを迎えることが出来ました。大切に育てていきたいと思います。本当にありがとうございました。

一歩踏み出して良かった

この度、元気な男の子を無事出産することができました。
私は、若い頃から月経不順でしたが、自分の身体に関心がなく特に病院へも通っておりませんでした。が、結婚を機に夫との間に子供を授かりたいという気持ちから、貴院へ通うことになりました。
ほとんど知識もない私達夫婦に岡本先生はとても熱心にそしてわかりやすく治療方法について説明してくださいました。
体外受精は、身体的にも精神的にも負担が重いものでしたが、一歩踏み出して良かったと、今心から感じています。

2人目を体外受精でというのには抵抗もありましたが・・・

1人目が妊娠高血圧で心配な面も多く(今ではすくすく元気に育っていますが)、2人目を体外受精でというのには抵抗もありましたが、妻の思いを大切にと、チャレンジすることにしました。
年齢的にも、最後のチャレンジで無事に子どもを授かり、元気に出産ができて本当によかったです。
姉と2人すくすく成長してくれ、日々幸せを感じています。本当にありがとうございました。ただ、やはり、経済的な負担も大きかったので、もう少し国や自治体の助成があれば、もっと多くの方がチャレンジできるのではと思います。

40歳、最後のチャレンジのつもりで

1人目の子どもは薬のみの治療で授かることが出来たのですが、2人目は人工授精でも妊娠できず、治療を諦めようかと思っていた頃、チョコレート嚢胞ができてしまい、顕微授精を決意しました。
4つ採卵でき、1つは成長せず3つの卵にかけることになりました。2回の卵戻しでは着床せず最後の1つの卵を戻したところ妊娠することができました。
40歳という年齢で本当に最後のチャレンジのつもりだったので、院長に「妊娠しています!」と言われた時は涙が出るほどうれしかったです。
1人目が重度の妊娠高血圧だったので、親の反対もあり覚悟して産むことを決めました。
2人目は薬のおかげで発症せず、元気な赤ちゃんでした。

あきらめずに最後のチャンスにかけてみてよかった

5月に無事、元気な男の子が産まれました。出産に至るまでに大量の出血がありましたので、それをのりこえて産まれてきた我が子と出産に関わってくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
わたしたち夫婦は2010年に結婚いたしましたが、7年目に我が子を授かりました。
30歳を超えて結婚しましたので、結婚後早めに検査、不妊治療に入りました。こうして体験談を書いていますが、妻が注射をしたり、通院したりしている姿をただ見守ることしかできなかったように思います。おそらく多くの男性の方がそうだと感じます。
40歳が近付き、妻も40を過ぎましたので、あと1回、あと1年間だけのつもりでおりました。今となってはあきらめずに最後のチャンスにかけてみてよかったと思います。
これを読まれている方の勇気につながるか分かりませんが、7年間の全てを岡本ウーマンズクリニックで治療したのではなく、知人に勧められて病院をかえて2回目の治療で出産に至りました。
今、私のうしろでは息子が母親からおっぱいをもらっています。1年前には考えもしなかった光景です。
皆様にも、素敵な未来が訪れることを心から祈っております。

もう子どもはムリかな・・・というあきらめもあった中での治療でした

今回、無事に帝王切開で出産することができました。結婚して7年目を迎える年に家族が1人増えたことを本当にうれしく思います。
これまでに、年に2回くらいずつ不妊治療をしてきました(福岡の病院で)。今回、転勤で岡本先生にお世話になることに決めました。
40歳という年齢や子宮筋腫もあるということで、望みはもちながらも、もう子どもはムリかな・・・というあきらめもあった中での治療でした。しかし、今回2回戻し、2回とも妊娠となりました(残念ながら1度目は、心拍確認までいきませんでした)。しかも、2回目は途中で出血があり、またダメかな・・・とも思う中での成功でした。
本当に先生方には感謝しかありません。この出会いに感謝です。あきらめずがんばってよかったです。ありがとうございました。

赤ちゃんの力と自分の体を信じて前向きな気持ちで日々をすごしたい

初期検査の結果にて、まずタイミング法と人工授精で取りくむことになりましたが、主人との仕事の都合などで、人工授精はなかなかできずに1年半ほど通院した間に1回しかできていません。今回タイミング法で妊娠できなかったらステップupを考えましょうと先生に言われていました。
主人は「授かりものだから、体外受精をしないでもいいのでは」と落ち着いていましたが、私はまだ赤ちゃんを授かりたい気持ちは諦めきれませんでした。
これまで、流産は3回経験し、落ち込み暗い気持ちでクリニックに通っている時期もありました。しかし、ある人に「ネガティブな事ばかり貯めこんでたらお腹に赤ちゃんが入るスペースがなくなるよ。授かるべき時に赤ちゃんは私のところに来てくれると思って、日々すごした方がいい」と言われ、「いつも前向きでいたい、心おだやかにすごしたい」と思うようになりました。
体質改善なども、もちろん大切ですが、メンタルバランスを保つことも不妊治療中は大変だけど大切に思えます。
今回の妊娠もまだまだ安心できないですし、以前のような流産も頭をちらつきます。でも、赤ちゃんの力と自分の体を信じて前向きな気持ちで日々をすごしたいと思います。

不妊治療に対してより理解が深まりました

姉にすすめられて、妻と相談して受診を決めました。
自分や妻の体に問題がないか調べてもらいます。
また、くわしく説明を受けますので、不妊治療に対してより理解が深まりました。

日々落ち込んだり泣いたりすることもありましたが・・・

H29.7月に無事に男の子を出産しました。
34歳で結婚し、半年程経っても妊娠せず、岡本ウーマンズクリニックを受診しました。検査で多嚢胞性卵巣症候群があることがわかり、すぐに体外受精の治療方針となりました。ホルモン剤の注射や内服など大変なことはありましたが、無事採卵することができ、1回目の胚移植で妊娠に至りました。
日々の基礎体温に一喜一憂したり、採卵や胚移植への不安や妊娠できるのか、日々落ち込んだり泣いたりすることもありましたが、元気に生まれてきてくれた我が子を見ると、そんな悩んだ日々が今ではなつかしく感じる程です。
採卵した卵たちが待っているので、また迎えに行きたいと思っています。

「ママになろう」に参加させていただき、「もう今頑張るしかない!!」と決意

私は結婚12年目にして元気な我が子を授かる事が出来ました。
主人の転勤で長崎へ来て、仕事もしていないし、治療してみようかなぁという軽い気持ちで最初は病院へ訪れました。そこで紹介頂いた岡本先生の「ママになろう」というシンポジウムに参加させていただき、今まで知識のなかった卵子の話等聞くにつれ、「もう今頑張るしかない!!」と決意し、かえってすぐに鼻息荒く主人に話したのを覚えています。
以前通った病院では特に原因等深く調べることはせず、タイミング法をしておりましたが、岡本ウーマンズクリニックで検査をし、多嚢胞性卵巣症候群と分かり、夫婦で岡本先生のお話を伺いすぐに顕微授精をすることにしました。幸い一度の採卵と最初の移植で授かることができました。
私の場合、卵巣が腫れてしまうので2ヶ月ほど周期をあけて凍結胚移植となりました。早く授かりたい思いでしたが、このようにして下さって体に負担なく移植が出来ました。
「妊娠してるよ、おめでとう」と言っていただいた時の感動と喜びは今でも忘れません。
治療中は自己注射など辛いこともありましたが、今となってはそれを忘れてしまう位の宝物を授けてもらえました。
あの時、お話を聞きに行って、今しなければいけない!という焦りに気付かせてくれた岡本先生をはじめ、毎回診察をして頂き、ときに和ませていただいた山口先生、いつも親切に接して下さる看護師さん、スタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に長崎に来て、岡本ウーマンズクリニックと出会うことが出来て良かったと思っております。ありがとうございました。

第1子、2子と無事に出産することができました!

2015年8月、2017年6月、第1子、2子と無事に出産することができました!
通院を始めたのは2013年12月からでした。私、そして夫と検査から始まり的確な診断のもと治療をすすめていただいたおかげでこのような結果になったんだと感謝しています。
2時間(片道)かけての通院や診察までの待ち時間は本当につらかったのですが、岡本クリニックがあったからこそ我が子を抱っこできるんだとしみじみ感じています。
岡本先生、山口先生、看護師の皆様、胚培養士の皆様、受付スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

辛い思いや不安が赤ちゃんを授かったと同時に全て吹っ飛んでしまいました

私が主人と初めて病院を訪れたのは結婚して1年になろうとしていた時でした。
タイミング法を約1年ほど行い、その後人工授精を2度行いました。そして、先生のすすめで、体外受精をする事になりました。ステップアップするタイミングを迷っていたので後押ししてもらった気持ちでした。
自己注射・採卵、、、私にとっては痛みも伴った辛いものでした。仕事もしていたので、病院に行く回数が増え、職場の人達に迷惑をかけてしまっているという思いから気持ち的にいっぱいいっぱいでした。
辛い思いもしましたが、今回の体外受精で無事、妊娠することができました。赤ちゃんも何の問題もなく順調に大きくなっています。
治療中は全く先が見えず、暗く、不安だらけでしたが、赤ちゃんを授かったと同時にそんな気持ちが全て吹っ飛んでしまいました。今はとても幸せです。
これも、今まで支えて下さった先生やスタッフの方達、職場の人達のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

他人には触れる事が難しい事ほど、夫婦で話し合ってお互いを尊重する大切さを学べた良い結果だった

私達の場合は結婚して1年経った頃にお世話になりました。というのも、子どもを授かる夫婦の多くは結婚して1年以内に妊娠するというデータを見た事があり、お互い30歳を過ぎた時だったので、自分達の状態を知る意味でも、専門的な医師の助言と検査を受けるべきだと思ったからです。
結果は私たち2人とも良い結果ではありませんでした。しかし、先生のアドバイスのもと、治療を重ねた後に、無事妊娠、出産することができました。その間、妻はとても精神的、肉体的にも辛い経験だったと思いますが、お互い支え合い、早めに決断できたことが、元気な男の子を授かれた要因だと思います。
今となっては他人には触れる事が難しい事ほど、夫婦で話し合ってお互いを尊重する大切さを学べた良い結果だったと考えています。本当にありがとうございました。

治療中は女性が大変ですが、男性の協力なしには成立しないとも思いました

私は岡本先生のお世話になる前、他の病院に1年半通院していました。しかし、その病院で「体外受精をするしかない。」と言われ悩んだ末、岡本ウーマンズクリニックへの転院を決めました。
ここで、細やかな検査をした結果、私達は体外受精ではなく顕微授精をする事になりました。正直、金銭面の不安もありましたが、我が子が欲しいという気持ちが強く、主人と相談し、治療を開始しました。
結果として、私達は1度目の胚移植で無事妊娠・出産、まで結びつくことができました。
治療中は女性がメインになるので、通院等大変ですが、男性の協力なしには成立しないとも思いました。主人も嫌がらず仕事を調整しながら協力してくれた事は感謝しかないです。
この病院では、待ち時間がすごく長い時もありましたが、先生やスタッフの方々はいつも丁寧で、嫌な気持ちになることもなく過ごせました。ありがとうございました!!
また2人目の時もお世話になります。

妻43歳で元気な男の子を無事出産できました

当初は夫婦で妊活を行っていましたが、なかなかうまくいかず、また2人共40代の高齢(当時44歳、妻41歳)であったので、残された時間は少ないと思い、当院に相談に伺いました。
山口先生の診察では、40代以上の女性が初めて妊娠する確率は大変低く、仮に妊娠しても流産や障害等の確率が高いが、まだチャンスは残っているとのことで、体外受精の治療を行うことにしました。
不妊治療は妻に肉体的・精神的にも負担がかかりましたが、お陰様で3回目で妊娠し、妻43歳で元気な男の子を無事出産できました。今夫婦で子育て奮闘中です。
最後に岡本先生をはじめ、当院のスタッフの皆様には大変お世話になりました。

諦めずに治療して本当に良かった

私は41歳で体外受精の治療を始め、43歳で無事に元気な男の子を出産しました。
最初、山口先生から年齢的にも妊娠の確率が低いことや、残された時間が少ないことなど、かなり厳しい状況であるという説明を受けた時は、夫とかなりショックを受けました。でも、どうしても我が子を抱きたいという気持ちが強く、やれるだけのことをやってみようと思い、体外受精の治療を行うことにしました。
不妊治療は肉体的・精神的にもかなり負担がかかりましたが、3回目の移植で妊娠した時の喜びは今でも忘れません。
今は子育てで大変な時もありますが、毎日天使のような笑顔を見せてくれる我が子に癒されています。諦めずに治療して本当に良かったと思います。これも岡本先生、スタッフの方々のお陰です。本当に有難うございました。

精神的や肉体的な負担のほとんどは妻が背負うことになり、申し訳ない気持ちでいっぱいでした

第1子は自然に誕生したこともあり、2人目もすぐに授かるだろうと思っていましたが、なかなか妊娠とならなかったため、岡本ウーマンズクリニックさんに相談しました。
子どもが欲しいという思いから不妊治療に踏み切ることにしました。実際に不妊治療を行うにあたり、精神的や肉体的な負担のほとんどは妻が背負うことになり、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
これほどの治療に耐え、命を授かり子どもを産んでくれた妻、元気に産まれてきてくれた子どもには感謝しかありません。そして、私達家族のために全力を尽くしていただいた岡本先生をはじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

2人目不妊、受診する度に天国と地獄を味わってきました

私は2人目不妊のために岡本ウーマンズクリニックを受診しました。
1人目は30才の時、結婚してすぐに授かることができたので、2人目もすぐだろうと、3年間は避妊をし、その後は基礎体温、タイミング、漢方で妊活をしていました。その間、主人も私も仕事が忙しく、妊娠に向け焦ってはいたものの年齢は38歳となっていました。
ここで本気を出さなくては一生後悔するとようやく不妊治療を決意。もっと早く決断しておけばと後悔です。主人も私のためならと賛成してくれました。
受診後は夫婦ともに様々な検査をして、男性不妊であることがわかり、先生からも顕微授精しか方法がないことをはっきり伝えて頂きました。
それからは採卵に向けて、自己注射、何種類もの内服、仕事との調節、どれもこれもストレスでしたが、第2子に向けて希望を持って頑張りました。
採卵で3個の凍結胚ができ、胚移植まできたものの、第1回目は妊娠判定も出ず、2回目は妊娠判定も出て有頂天になった矢先の流産。3回目は妊娠判定も出て、心拍もみえて、不妊治療卒業かという日の流産発覚。受診する度に死刑判決を下されるような気持ちとなり、天国と地獄を味わってきました。
凍結胚もなくなり、意気消沈“無”になっている私に、主人と子どもから「もう1回だけ頑張ってほしい」と言われました。何を言っているんだ、これ以上続けると精神的に壊れてしまうと限界まできていましたが、もう1回チャレンジしてダメならあきらめもつくと、また一からスタートしました。
今回は1回目の胚移植で妊娠判定が出ました。今回も喜んだらまたいつ地獄につき落とされるか、無でいようと感情をなくすことを心がけていましたが、私の心とはうらはらに、赤ちゃんは順調に育ってくれました。
無事出産を終え、我が子を目の前にして心から喜びを感じています。
娘に会えたのも岡本ウーマンズクリニックの皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

我が子を抱くことが出来、子どもの愛しさ・尊さを実感しています

結婚して約3年子どもが出来ず、貴院にて治療をしていきました。
体外受精をすることに、最初は戸惑いがありましたが、タイミング・人工授精では子どもを授かることが難しく、体外受精をすることを決めました。採卵でたくさん卵はとれたものの、受精率が悪く、とてもおちこみましたが、2度目の移植で子どもを授かることが出来ました。
不妊治療は、精神的・身体的・経済的にとてもしんどく、ゴールがみえない治療であるため、よけい長く辛い治療になります。そんな中、岡本ウーマンズクリニックのスタッフの方々に支えられ、治療をのりこえる事ができました。主人の支えもとても大きかったです。
今こうして我が子を抱くことが出来、子どもの愛しさ・尊さを実感しています。本当にありがとうございました。
2人目もお世話になりたいです。

なにげない事でも幸せを感じる事ができるのは、治療を通して命の大切さ、尊さを学んだから

2015年4月より治療を再開し2回目の凍結胚移植で妊娠!!2016年4月第2子が誕生しました。
第1子の時とは違う面での大変さはありましたが、2人の宝物が私達の所にきてくれた現実を本当に感謝しています。これも岡本院長先生をはじめ山口先生、色々な面でサポートしてくださった看護師の方々のおかげです。
不妊治療は先が見えない為、本当に精神的、金銭的にも大変なものです。でもこの治療を行わなければ2人の宝物がわが家に誕生する事はなかったと思います。
子育ては大変な時もありますが、その分なにげない事でも幸せを感じる事ができるのは、この治療を通して命の大切さ、尊さを学んだからだと実感しています。
現在、治療を行っているみなさんもとても大変だと思います。ご夫婦でよく話し合い、お二人が納得し、後で後悔されないように今という時間を大事にして欲しいです。
1人でも多くの方に宝物が授かりますように!!

子宝をあきらめていた自分が2人もの子どもの父親になる日が来るとは

私は先天性の内分泌疾患があり、過去に一度精子検査を受けた際、正常ではなく、自然に子どもを授かることは難しいとの診断を受けた事があり、子宝に恵まれることはないだろうとあきらめている自分がいました。
結婚後もやはり自然に子どもを授かることはできませんでした。ただ子供好きな自分にとって自分の子がほしい、抱きたいという思いがどうしても強く、妻も同じ考えだったのと私に子供を抱かせてあげたいという気持ちがあり、2人で話し合った結果、体外受精という方法を選択しました。その結果、2014年1月に第1子、2016年4月に第2子が誕生し、2人もの子宝に恵まれることができました。半分、いやそれ以上あきらめていた自分が2人もの子どもの父親になる日が来るとは思いもしませんでした。
不妊治療に対する精神的・肉体的負担のほとんどは女性である妻が背負うもので、その大きさは計り知ることができません。それほどの治療を2度に渡り耐え、命がけで2人の子を産んでくれた妻と私達夫婦に全力を尽くして下さった岡本先生をはじめスタッフの皆様方にとても感謝しています。
医療は日々進歩し、治療方法も増えてきているようです。いろんな方法があると思いますので、簡単にあきらめることはしないでほしいです。私のようなケースもあるという事が少しでも皆さんのお役にたてると嬉しいです。皆さんに幸福がおとずれますように。

自分に出来る事は全てやる!!と決めました

結婚したら、すぐ子供が出来る・・・と思っていました。
不妊治療、自分には関係ない。でも妻と一緒にクリニックに通う日々が続きました。
自分の考えでは、不妊治療には抵抗はなく、積極的に協力し助け合い支え合う気持ちが大きかったです。
2年近く治療に通いました。1度の流産を経験した際は、妻の落胆の姿を見るのがつらい日もありました。しかし気持ちを新たに不妊治療を頑張ろうと思いました。自分に出来る事は全てやる!!と決めました。
念願の女の子を授かる事が出来、今はとても幸せです。院長先生をはじめ、スタッフの方々には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

治療途中に気持ちが折れそうになる事もありましたが、よい経験になった

私は36歳で結婚し、年齢的な事もあり、1年未満でこちらの病院を受診しました。
知人に紹介され、電話するまでにも時間がかかり、正直抵抗があったのかもしれません。しかし、検査を進めて行く上で、色々な事を知り、早目に受診してよかったと思いました。
4回目の胚移植で妊娠でき、途中流産を経験した際はつらかったですが、まだあきらめたくないという気持ちがあり、がんばりたいと思いました。
確かに、精神的にも金銭的にも大変でしたが、先日3116gの女の子を出産する事ができ、岡本先生、山口先生、スタッフの皆様に感謝の気持ちで一杯です。支えてくれた夫、家族の存在も大きかったです。
今、我が子を見ていると、また2人目をがんばりたい気持ちが有ります。
治療途中に気持ちが折れそうになる事もありましたが、今の自分にとって、よい経験になったと思っています。本当にお世話になりありがとうございました。

仕事との両立は大変でしたが、1回目で授かることができました

29歳で結婚し、すぐにでも子どもが欲しかったので、新婚旅行から帰ってきてすぐに基礎体温を計り始めました。しかし、なかなか授からず、女医さんのいる婦人科に2年通院し、タイミングをとっていましたが、それでも授からず・・・。焦りと悲しさと、気持ち的にもマイナス思考になっていました。
33歳の時に、岡本ウーマンズクリニックの紹介を受け、先生と話をして、人工授精はせず、体外受精を行いました。
仕事との両立は大変でしたが、1回目で授かることができ、H29.3に3,170gの女の子を出産しました。今は子育て奮闘中です。心から感謝の気持ちでいっぱいです。

色々と悩むことがありましたが、ステップアップして本当によかったです

子供がほしいと思い自己流タイミングをするが妊娠せず。近場の婦人科でタイミング(6回程)、人工授精(3回)で初めての妊娠をしたが子宮外妊娠で右卵管の切除。その後、卵管造影をするが問題なしでした。
1年間は次の妊娠を考えることが出来ず、落ち込んでいたけれど、やっぱり子供がほしいという気持ちがあり、再度近場の婦人科で人工授精をするが4回しても妊娠につながりませんでした。そこでステップアップしようと思い、岡本さんに転院。不安な気持ちもありましたが、前向きな治療を提案して頂き、顕微授精をする事を決めることが出来ました。スタッフさん、先生方に支えられ、初めての移植で妊娠することが出来ました。
お金もかかるし、体の負担など色々と悩むことがありましたが、ステップアップして本当によかったです。みなさんに感謝しています。ありがとうございました。

3人目希望、2人目同様1回の凍結卵にて妊娠

今回の妊娠、出産にあたっては3人目希望にて岡本ウーマンズクリニックにてお世話になりました。2人目同様1回の凍結卵にて妊娠に至りました。
出産までは不安もありましたが、無事に元気な赤ちゃんと出会えることができ、本当に嬉しく思っています。岡本先生はじめ、スタッフ全員の方々には感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。当院でのご縁にもあわせて感謝申し上げます。

気長に治療していこうと気持ちが変わった時に妊娠!!

今回は第2子の妊娠でしたが、第1子の時もお世話になりました。
顕微授精の凍結卵での妊娠でしたが、先日無事元気な男の子を出産することができました。
第1子の時も今回も治療中はなかなかうまくいかないこともあり、落ち込んだ時期もありました。でもスタッフの皆さん、家族に支えて頂き、気長に治療していこうと気持ちが変わった時に妊娠!!赤ちゃんは両親の気持ちに少し余裕がでてきた頃にやってきてくれるのだと思いました。

積極的に「自分の心と体を楽にする」ことが大切

結婚して7年目。ようやく赤ちゃんを抱くことができました。
岡本先生、山口先生、看護師の皆様、お世話になりました。また、妊娠後にかかりつけ医になって下さった地元の先生方にも感謝しています。
岡本ウーマンズクリニックを受診したのは5年前でした。元々生理不順がある私の身体でしたので、不妊も覚悟していました。多嚢胞性卵巣症候群との指摘をうけました。夫にも検査をお願いしましたが、すぐには受けてもらえず、少し時間がたってからようやく夫にも検査をうけてもらえました。結果的に「自然妊娠の可能性が低い」とのことで体外受精を行うことになりました。
体外受精は5回受け、初回のみ妊娠反応→流産という結果でした。6回目でようやく、妊娠し、切迫流産、切迫早産を経て、37才での出産でした。
思い返せば、体外受精の5回は仕事(フルタイム)が忙しい中でヘトヘトでした。6回目を行った時は、仕事を辞め、週3回のアルバイトに変えました。何がよかったかはわかりませんが、思いきって自分で自分の環境をかえたことですっきりした気持ちはありました。
これを読まれている方は、すでに不妊と向き合って十分にがんばっている方が多いと思います。私もそうでしたし、結果が出ない時期は、治療を休んだこともありました。全国の子宝スポットをめぐってもダメで、どんどん気持ちがおいつめられて気持ちのバランスが不安定な時もありました。そういう時期を経て思うことは、積極的に「自分の心と体を楽にする」ことが大切だということです。私は妊娠することに意識が集中しすぎて自分の心の状態をちゃんとみれていなかったなぁと今、反省しています。
私は不妊治療中の方へお伝えしたいのは、ご自身の心と体が、少しでも楽になるようにすごしてほしいということです。リラックスして、日々お過ごしくださいね。応援しています。

先生がすぐに判断をして下さったお陰で、長い時間と追加のお金をかけることなく妊娠できました

前医で1年半程不妊治療(タイミング・薬での排卵誘発・人工授精)を行い、これ以上続けてもここのクリニックでは妊娠できないのではないか、と先が見えなくなってきたため、専門のクリニックへ移ろうと決めて岡本ウーマンズクリニックを受診しました。
前医では指摘されたことのなかった多のう胞性卵巣と潜在性高プロラクチン血症であることが分かり、専門医でないと分からないことが多いのだと思いました。
岡本先生より体外受精についてのインフォームドコンセントを受け、この先生なら信頼して治療を受けることが出来ると思い、体外受精を行いました。採卵、受精卵凍結は順調に行きましたが、1回目の胚移植では妊娠できませんでした。その時、岡本先生がもしかしたら子宮内ポリープとかがあるために着床できないのかもしれないので、子宮鏡検査をしましょうと勧めて下さり、子宮鏡検査でポリープが見つかったため切除、その後の2回目の胚移植で妊娠することが出来ました。先生がすぐに子宮鏡検査を行う判断をして下さったお陰で、長い時間と追加のお金をかけることなく妊娠できたと本当に感謝しています。
妊娠中は悪阻もなく、順調に経過し、H29.5に無事に女児を出産できました。本当にありがとうございました。

貴院のドアをたたくまで、こんな幸せな未来は想像できませんでした

結婚当時、主人は31才、私は27才でした。結婚前からEDで夜の生活が無い事に悩み、主人に検査をすすめるも「赤ちゃんはいつか神様が授けてくれるさ」とのらりくらり。何度もけんかし、主人を引きずり、貴院のカウンセリングを受ける事にしました。
岡本先生のていねいで根拠に基づいた説明、精子の検査結果を受け、ようやく足並み揃っての治療の運びとなりました。
29才で顕微授精、新鮮胚移植するも陰性。大変落ち込みましたが、2周期程お休みしてリフレッシュし、凍結胚移植にて陽性判定をいただけました。
あれから4年、33才での凍結胚移植で長男を授かり、久しぶりの新生児にいやされています。治療のおかげで2児の母になることができました。
貴院のドアをたたくまで、こんな幸せな未来は想像できませんでした。 岡本先生、山口先生、すべてのスタッフの方々に、心から感謝しています。
29才で採卵した凍結胚も複数あるため、落ち着いたら第3子に向けて早目にお世話になりたいと思います。
治療で悩んでいる皆さん、1日でも早い受診をすすめます。

先生方が自信を持って対応して下さる姿に安心して通院することが出来ました

私は27歳で結婚、仕事の都合上それから2年間は“子供”はまだ先で・・・と思って過ごしていました。気づけば周りの友人が次々と出産、そろそろ自分も・・・と思った時に不正出血が続き病院に・・・妊娠しにくい身体だと知りました。
産婦人科での不妊治療を1年続け、初期流産をきっかけに岡本先生のもとへ。様々な検査をし、体外受精に進みました。
自分でも体外受精について勉強していたのと主人の理解もあり、不安はありませんでした。何より、岡本先生、山口先生がはっきり何でも伝えてくれましたし、先生方が自信を持って対応して下さる姿に安心して通院することが出来ました。
フルタイムでの仕事をしながらの通院はとても厳しいですが、会社の上司へ伝え協力いただき通いました。働きながらの妊活、先が見えなくなる気持ちをどこにぶつけていいのやら・・・沢山の思いを持って待合室で待ちました(笑)。おかげで2015年8月に岡本クリニックへ転院、2016年1月に採卵、3月の移植で小さな命を授かる事が出来ました。31歳での出産でした。
岡本クリニックは待ちます!が、1日でも早く赤ちゃんが欲しい方は受診されることをおすすめします。厳しい現実が待っているかもしれませんが、我が子を抱ける第一歩だと思います!!

声がけをよくしてもらいました

私は1年半ほどお世話になりました。タイミングから始まり、人工授精、体外受精へと進みました。
私は副院長先生にお世話になる事が多かったのですが、いつも真剣にお話をして下さり、体外受精の不安な際も声がけをよくしてもらいました。2度目の体外受精でありがたい事に妊娠することができ、その際も毎回「出血はありませんか?あ~良かった」など嬉しくなる言葉をかけてもらいました。
今、安定期をむかえられ本当に感謝しています。看護師さんや受付の方にもお世話になりました。

40代での妊活スタートは前途多難に思えましたが・・・

40代での妊活スタートは前途多難に思えましたが、幸いなことに受診した産婦人科から岡本ウーマンズクリニックを勧められました。
若い頃にはまさか自分がすることになるとは思っていなかった体外受精をすることになり、初めての経験ばかりで不安になる時もありました。しかしそれ以上に自分たちの子どもを授かりたいという強い想いが通院への原動力でした。
その通院の中で、妊娠判定陽性を4回、そのうち3回は妊娠が継続できませんでした。どちらかというとポジティブな自分たちでも、やはりそれらの事実はズシンと重くのしかかってきました。4度目に妊娠判定が陽性だった時にも、2つ戻した胚のうちひとつは成長が止まってしまいました。そんな状況の中ですくすくと育ち、無事に出産にまでこぎつけた時は、夫婦とも感無量でした。
今ではとても元気な女の子が日々、笑顔をふりまいてくれています。岡本先生、山口先生、看護師さん、スタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

第2子を無事38才で出産することができました

このたび、第2子を無事38才で出産することができました。
岡本ウーマンズクリニックさんでは、第1子の時は体外受精で1回も凍結胚にならず、3回目の採卵の時の新鮮胚での妊娠。第2子の時は1回(1個)凍結できましたが着床せず、4回目の採卵の時の新鮮胚での妊娠に至りました。
なかなか卵の数が毎回少ない私にやり方をいろいろ考えてくださった先生、忙しい中気になる事にも親切、ていねいに対応してくださったスタッフの皆様、朝早くからの採卵をしてくださった先生、看護師の皆様本当にありがとうございました。貴院に通院してよかったです。

不妊治療をすればすぐに赤ちゃんを授かるものだと思っていました

結婚4年目。2016年目10月に予定日より20日早かったのですが元気な男の子を無事に出産しました。
不妊治療をすればすぐに赤ちゃんを授かるものだと思っていたのですがそれまでの道のりは簡単なものではありませんでした。
まずはタイミング法を1年してもなかなか成果が得られず、焦る気持ちが増すばかりの毎日。次にステップアップし顕微授精をすることになったのですがこれも1回・・・2回・・・と成果出ず、自分を責めました。岡本先生の言葉を信じ、3回目の胚移植に臨みました。妊娠判定の日、半分諦めていたので陽性の結果を聞いた時は嬉しさのあまり声も出ませでした。
周囲の理解・協力もですが、私にとって何よりも夫の理解・協力が精神面で一番の支えとなり、絆も深まったと思います。
岡本先生、山口先生をはじめスタッフの方々とその技術を信じ本当に良かったです。心から感謝しています。ありがとうございました。

夫婦で支え合い諦めずに治療を続けてきたから・・・

結婚して2年間妊娠しなかったため、原因を知りたくて初めは他のクリニックを受診しました。しかし、決定的な原因も見つからず、すぐに妊娠できると言われました。それから2年間通い、その間に人工授精と体外受精も行いましたが妊娠しませんでした。
赤ちゃんを諦められず、夫婦で話し合い岡本ウーマンズクリニックへ通うことにしました。先生と面談し、すぐに検査、採卵と進んでいき、1回目の移植で妊娠することができました。岡本ウーマンズクリニックに変えていなかったら今も我が子を抱くことはできていないと思います。
不妊治療をしていた3年間はとても辛く、何度も泣きましたが、夫婦で支え合い諦めずに治療を続けてきたから、可愛いこどもに会うことができました。
岡本先生をはじめ、山口先生、スタッフの皆様には本当に感謝しています。
二人目の時もよろしくお願い致します。

2年間自己流で頑張ってきた時間がもったいなかった

結婚してそろそろ子供が欲しいと妊活を開始。
基礎体温をつけ、薬局で排卵検査薬を購入し、タイミングをとってみる。この時、産婦人科等は利用せず、自己流で調べながら約2年間頑張ったが努力は実らず・・・夫婦で話し合い、病院へ行ってみよう!と決意。もし通院が続くようなら職場から近い方が良い(この条件はマスト)と想い、こちらの病院を選択(もちろん不妊クリニックとしても口コミ、実績等も考慮した)。
検査後、自分の多のう胞性卵巣症候群であることが判明。安全に第一子をさずかるためには体外受精しかないとの診断でそのまま体外受精に踏み切る!幸いにも1回目で妊娠に成功。約半年でクリニック卒業となり、今第1子を産むことに至る。
2年間自己流で頑張ってきた時間がもったいなかったと今では思う。少しでも悩んでるなら早く相談した方が絶対いいと思う。お金もかかるが我が子には変えられない。

もっと早くこちらに来ていれば、と思いました

30代後半で結婚し、不妊治療を他の病院で続けていましたが1年半たっても結果が出ず、周りの評判を聞いてこちらでお世話になりました。
岡本先生、山口先生とも的確に親身に話して下さり、幸運なことに1度の移植で妊娠することができました。
妊娠がわかった時は本当に嬉しくて治療期間中が辛かったこともあり、もっと早くこちらに来ていれば、と思いました。本当にありがとうございました。
また、妊娠した子どもが偶然にも一卵性の双子だとわかり、妊娠中は大変でしたが無事出産でき喜びも2倍で、今は育児に奮闘中です。
今の喜びがあるのも岡本先生、山口先生、看護師さんたちのおかげです。
不妊治療は先が見えず、辛いことも多く、経験した人にしかわからない思いがたくさんありましたが、授かることができた喜びはとても大きかったです。これからも多くの人が授かれるよう、祈っています。ありがとうございました。

29歳の時から通院し40歳になり本当に長い道のりでした

今回2人目の元気な女の子を出産しました。
1人目の長男は34歳の時に顕微授精の凍結胚移植2回目で授かりました。今回の2人目は長男の時の残り2つの凍結胚移植でうまくいくかなと思っていましたが、陽性が出たもののうまくいかず、年齢も40才近かったため最後と決めてもう一度顕微授精(凍結胚3つ)したもののそれもうまくいかず・・・もう諦めようと思っていましたが、岡本先生にまだ大丈夫と言ってもらえ、その頃たまたま長男の幼稚園のママが不妊治療で頑張っている事を知り、もう1度するのかすごく悩みましたが諦めきれず、結果はどうであれあの時していたら・・・と後悔しないように!!と最後の顕微授精の凍結胚移植で無事に妊娠することができました(40才)。
岡本先生の言葉や幼稚園のママに会ってなかったら諦めていたんだと思います。それから後で思い返せば2人とも妊娠した時は正直あきらめ半分あり気持ちに余裕がある時だった様な気がします。
29歳の時から通院し40歳になり本当に長い道のりでしたが、今あるのは岡本先生や山口先生、岡本ウーマンズクリニックの皆さんのおかげだと心から感謝してます。本当にありがとうございました!!

色々ストレスがありましたが・・・

丸4年かかり、待望の第1子を出産しました。
岡本さんに初診の時、私は34才でした。結婚して3年目でした。自分の年齢を考えてすぐにステップアップして、顕微授精、胚移植をうけました。
通院1年後には1回目の妊娠でしたが、その後の妊婦健診で胎児異常が見つかり、出産することはできませんでした。それでも、「私、妊娠できる体なんだ」と嬉しく思い、休まず治療を続けました。
胚移植7回目に、2度目の妊娠成立。経過は順調で、無事に女の子を38歳で出産しました。
不妊治療で通院中は待合い室での長い待ち時間、夫へのイラ立ち、職場の目など、色々ストレスがありましたが、やっぱり治療を受けなければ、子供を授かることはできなかったと思うので、がんばってよかったと思います。
一喜一憂しつつ、岡本先生、山口先生を信じてがんばって!!

コンプレックスなんて今だけの話ですよ

岡本ウーマンズクリニックに男性、しかも40代で通院するということに正直、とまどいはありました。しかし自身の性的なコンプレックスよりなんとしても自分の子供を授かりたいという想いが勝りました。
女性に比べて男性の悩み、苦労なんてささいな事だろうと思います。私もまだまだ出産・育児にはド素人なので日々勉強ですが精一杯、できるだけ妻を支えて元気な子供の誕生を迎える準備をしていこうと考えています。
この体験談を読まれる男性の方、コンプレックスなんて今だけの話ですよ。一緒に頑張りましょう!!皆様の元にも吉報が訪れる事を願いながら。

悩んでいる時間があるなら早く岡本先生に相談して

私は結婚して1年妊娠しなかった為、当院を受診しました。色々な検査をし、基礎体温をはかったりした結果、多嚢胞性卵巣症候群だと分かりました。薬やタイミング法で妊娠を目指しましょうという事になり、治療が始まりました。
毎週のように通院しなければならず、薬を飲んだり注射したり、疲れているのにタイミングをとらないといけなかったりとつらいなと思う日もあったし、とても長い間治療をしている気分になりました。でも治療を始めて3カ月程で妊娠することができました。小さな小さな赤ちゃんをエコーで見た時は涙が出て来ましたし、今までの辛い治療もこの瞬間の為だったと思うとふきとんだし、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
私のように知識もないのに悩んでいる人も多いと思います。そのストレスでできなかったりもするかもしれません。悪い言い方かもしれませんが、悩んでいる時間があるなら早く岡本先生に相談してご指導を受けた方が手っ取り早いと思います。当院にお世話になって本当に良かったです。

きつさや辛さをを乗り越えたからこそ、子供と出会えたのだと思います

結婚して8年目、凍結胚移植で妊娠、今年の2月に無事長女を出産しました。
タイミング法、人工授精をしても授からず、でもなかなか体外受精に踏み切ることができずにいました。その時に先生方やスタッフの方に背中を押して頂き、私もやっぱり子供がほしい!!と決意しました。
治療中は心も体もきつく辛いときもありましたがそれを乗り越えたからこそ、子供と出会えたのだと思います。
今治療を頑張っていらっしゃるすべての方々に良い結果が訪れることを祈っています。
先生方、スタッフのみなさま本当にありがとうございました。

もっと早く治療を行えれば良かった

不妊治療ということに対しての知識がなく、当初抵抗がありました。ですが、今思えばもっと早く治療を行えれば良かったと感じています。
子供が欲しいという気持ちと体の状態を現実的に見ないといけない気持ちの整理に時間を要しましたが、病院の方の説明を聞いたり、声をかけていただいていく中で夫婦2人で治療を行うことができたと思います。ありがとうございました。
産まれてきた子供の顔を見ると不思議な気持ちもありますが、本当に感謝しています。ありがとうございました。

これから治療を考えている方は、大らかな気持ちで、そして一日も早く

2016年10月に元気な男の子を出産しました。
32歳から他院で治療を始め、原因がよく分からないまま人工授精を何度か行いましたが妊娠に至りませんでした。ステップアップをした方が良いということで県外の病院を紹介されましたが、移動距離や交通費の負担を考え、県内の病院を自分で探し、ホームページに実績が掲載されている岡本ウーマンズクリニックに通うことにしました。実際、通院し始めて、岡本先生の熱い想いを聞き、信頼して一緒に頑張ることができると思いました。
印象的だったのは、先生が「私は周囲に怖い先生だと言われていますけど、一生懸命真剣にやってたらこんな顔にもなりますよ」とおっしゃっていたことです。
私の場合、潜在性高プロラクチン血症と多嚢胞性卵巣症候群と分かり、すぐに顕微授精に向けての治療を始めました。採卵で14個採れ、9個受精、胚盤胞まで5個残りました。移植前にポリープが見つかり、切除する手術も受けました。ポリープがあると妊娠の妨げになることがあるということでした。その後、凍結胚を移植し無事妊娠が分かったのは通院し始めて半年になった頃です。
一度の採卵、一度の移植で妊娠できたのは先生の技術はもちろんのこと、自分が安心して治療を受ける環境で通院できたからだと思います。不妊治療は精神的負担と金銭的負担も大きいので、県外の病院を選んでいたら大変だったと思いました。
今、我が子を無事に抱くことができて本当に幸せです。ただ、もっと早く岡本ウーマンズクリニックに出会いたかったと思います。これから治療を考えている方は、大らかな気持ちで、そして一日も早く治療をしてほしいと思います。
岡本先生、山口先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

岡本先生の言葉を励みに夫婦で頑張ることができました

不妊治療期間3年、4年目で第1子(2014年5月)長女、第2子(2016年11月)長男を無事に出産することができました。
赤ちゃんを諦めていた時期もありましたが、岡本先生の“人事を尽くして天命を待つ”と言って頂いた言葉を励みに夫婦で頑張ることができました。山口先生に移植、診察して頂き、また優しい看護師さん受付の方々本当にありがとうございました。これから子育て夫婦で頑張ります。

試しに主人と二人で通院したのがきっかけです

初めて私が岡本ウーマンズクリニックへ通院したのは私が28才主人が30才の時です。ずっと避妊なしでの夫婦生活でしたが、子供ができず、試しに主人と二人で通院したのがきっかけです。
色々と検査をしていただき、夫婦共に多少なりとも問題があったことが分かりました。問題が発覚した時はとても落ち込みましたが、人工授精、体外受精とステップアップしていき、体外受精1回目で妊娠でき、この度元気な女の子を授かることができました。岡本ウーマンズクリニックの方々のおかげです。本当にありがとうございます。
ステップアップする勇気がなく、2年もかかってしまいましたが、今ではそれも良い思い出です。
2人目も考えているので凍結胚の保存延長予定です。2人目希望の時はまたお世話になります。

新たに判明したことも多くスムーズにステップアップする事が出来ました

待望の第一子がわが家にやって来ました。元気に成長し、最近では私に笑顔を返してくれる赤ちゃんを見ていると未だに夢を見ているような気分です。
主人の転勤の為に他県から引っ越してきて、岡本クリニックさんにお世話になり始めました。既に他県で体外受精に一度失敗しており、落ち込み焦りの中にいましたので、また検査から始めることに戸惑いを覚えましたが、これまでよりも詳細に調べ、院長先生自ら今後の治療法について丁寧に説明して下さいました。お蔭様で新たに判明したことも多くスムーズに顕微授精にステップアップする事が出来ました。
採卵し何とか受精はしてくれましたが、その後も受精卵がなかなか着床せず、涙とともに帰途につくことを何度も繰り返しました。その間、看護師さんたちのあたたかい励ましに支えられました。今回の移植が失敗したら、少し時間をあけようかとも考え始めた頃、ようやく妊娠が分かりました。
岡本院長先生や山口先生はじめ、クリニックの皆様が全力を尽くして下さったことに心より感謝しております。また、主人の支えも大きかったです。治療がうまくいかなかったとき、旅行に連れ出してくれたり、気分転換の時間を作ってくれました。
子育ては想像以上の大変さですが、この子が私たちのもとに来てくれた幸運をかみしめながら頑張っていきたいと思います。

自分と同じように赤ちゃんを授かる事が出来ず治療をしに来ている方達ばっかりなんだ!と思うと苦になる事がありませんでした

平成26年9月、無事に元気な女の子を出産する事ができました。
岡本さんへ通う前は佐世保の病院に行っていて、そこで人工授精を4回チャレンジしました。でも4回ともうまくいかず、先生が岡本さんを紹介して下さり通うことになりました。
他の婦人科と違い、岡本さんには自分と同じように赤ちゃんを授かる事が出来ず治療をしに来ている方達ばっかりなんだ!と思うと通う事も待っている間も苦になる事がありませんでした。
途中私自身が結核にかかり治療を休む事になったのですが、その時はすごくショックで主人にも申し訳ない気持ちもあり、何もできないのがはがゆくて主人にもずいぶん八つ当たりをしてしまいました。でも、どんな時も私を支え、励ましてくれた主人には、一番感謝しています。
1回目の体外受精で赤ちゃんを授かる事ができた事、本当にうれしくて先生方や看護師の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

家内の努力、私のサポートの甲斐があって良かったです

私は、娘と息子を授かる事ができて心より感謝しています。
島原より通院しましたが、仕事の都合や体調により家内のストレスが大きかったので言葉を選び、サポートのやり方も悩みました。しかし、結果が良かったので家内の努力、私のサポートの甲斐があって良かったです。産まれるまで心配は続きますが良い先生にもめぐり会えたのも良かったです。

第2子の妊娠出産、心にゆとりをもつことを心がけました

第1子も貴院にて不妊治療を受け、32才のとき授かった子でした。私の中では、第2子も早くほしいと思っていましたが、仕事や育児(まだ小さかったため、人に預けて治療に専念できないという思いなどもあり)そして通院までの距離や時間等、ひとつずつクリアしないと治療開始までたどりつかず、6年が過ぎる頃、ようやく第2子の治療のためのいろんなゆとりができ、治療を始めました。
今回は年齢的にも高齢になり、心配は増えましたが、前向きな気持ちで取り組もうと、また思いつめ意固地にならず、まわりにも協力を求めようと心にゆとりをもつことを心がけました。お蔭様で39才で第2子の妊娠出産をすることができました。
本当に貴院の院長先生はじめスタッフの皆様に感謝しております。ありがとうございました。

赤ちゃんに会えることを信じ夫婦で協力して治療に励んでいただければと思います

2回流産を経験し、精神的にもかなり落ち込みましたが、どうしても赤ちゃんが欲しいという思いで岡本ウーマンズクリニックを受診しました。
自分が思っていた排卵日が間違っていることもわかり血液検査、卵管造影検査後すぐに妊娠することができました。
通院には費用もかかり、本当に妊娠できるのだろうかと毎日不安になると思いますが、赤ちゃんに会えることを信じ夫婦で協力して治療に励んでいただければと思います。

検査結果が良くても悪くても、一歩前進することには間違いありません

不妊治療は女性がするものと考えられがちですが、決してそんなことはないと思います。
妊娠が成立するためには健康な精子と卵子が必要であり、男性側にも原因がある可能性も十分考えられます。ですので、精液検査を早めに受けておくことは、大事なことだと思います。その検査の結果が良くても悪くても、一歩前進することには間違いありませんし、お互いにどちらかの体に問題があるのではと考えるよりも、具体的な対策を考えられる方が建設的だと思います。
そして、肉体的、精神的負担は女性側に集中しやすいので、夫婦で協力し合うことが大切です。そうした積み重ねにより、きっと赤ちゃんを授かることができると思います。

“35歳までが妊娠率の境目”ということを聞き、体外受精を行うことにしました

結婚して1年半、子宝に恵まれず、通院を始めました。
検査で多嚢胞性卵巣症候群や子宮内膜症を指摘され、体外受精を勧められました。それまでは漠然と自然妊娠できるものと思っていたのでショックはありましたが、“35歳までが妊娠率の境目”ということを聞き、体外受精を行うことにしました。夫も積極的に治療に取り組んでくれました。
採卵した中で育った唯一の受精卵が幸い新鮮胚で着床し、無事に男児を出産できました。現在生後1ヶ月です。通院は大変でしたが、産まれた子をみると、治療に取り組んでよかったと思います。ありがとうございました。

早く治療を始めて良かった

結婚して2年経っても子供を授からず、知人の紹介で通い始めました。
卵管閉塞の為、自然妊娠はしないと言われた時はショックで泣いた日もありました。
すぐに顕微授精をすすめられ治療をスタート。幸運な事に1回で授かる事ができ「妊娠してますよ」と言って下さった時は、嬉しすぎて信じられませんでした。
先日、3,321gの元気な女の子を出産し、家族3人になり、毎日楽しく過ごしています。
先生を信じて、早く治療を始めて良かったなと思っています。感謝しかありません。

夫婦で助け合い、協力し合うことが大切

不妊治療は夫婦どちらかが頑張ったから出来る事ではないと改めて感じ、男性にも積極的に検査を行ってもらいたい。子どもの笑顔にあうために夫婦で助け合い、協力し合うことが大切であると思います。

一日でも年齢が若く妊娠できる確率が高いうちに受診を

私は32歳でこちらの病院を初めて受診し、タイミング法、人工授精に4回失敗し、体外受精で33歳で妊娠する事が出来、34歳で初産となる者です。
治療中つらかった事は、夫の理解を得るまでに時間がかかり何度も喧嘩した事、仕事との両立、人工授精、体外受精時の自費診療代のお金の工面です。
体外受精の治療に入ると、明日の朝来院をと言われることが度々あります。職場の上司は男性で相談するのに抵抗がありましたが、仕事を続けるには相談しかなく、治療を続けるにはお金がかかる為、退職もできない、そんなジレンマが精神的苦痛となりました。しかも、治療を続けて確実に妊娠できるかというものでもなく、終わりが見えず不安もありました。
私の心の支えとなったのは同じ境遇で妊娠できた友人がいた事、いつも満員の待合室を見て、つらいのは自分だけではない、と思えた事です。後は何より夫が支えてくれる事が重要だと思います。
今治療を迷われている方は是非、一日でも年齢が若く妊娠できる確率が高いうちに実績があるこちらの病院を受診されて下さい。
看護師さんをはじめ皆さん優しく、妊娠できた時も一緒に喜んでくれてとても感動しました。私は1人目が無事に出産できたら2人目もこちらの病院でお世話になりたいと思っています。

不妊治療のみの生活にならない

不妊治療を開始して2年5ヶ月で授かりました。長いようで短かった治療期間でした。
体外受精(3回目)で妊娠しました。 私が治療期間中、一番気を付けていたことは不妊治療のみの生活にならないということでした。タイミング、人工授精で残念な結果になると落ち込みます。涙もたくさん出たりします。一度落ち込んだら、妊娠しなかったらできることがたくさんあるということを思い出して、楽しいことを考えるようにしました。
私の場合は、週に3日ソフトバレーを夜していたので、それができる・・・とか夫と旅行に行く計画をたてたり友人と飲みに行く約束をしたり映画のナイトショーを観にいったり、ライブに行ったり・・・自分の楽しいこと好きなことを思い出して出口がみえない不妊治療ですがいつかどのような形であれ終わりはきます。それまでつらい期間の中ですが楽しいことをみつけて乗り切ってください。

やっぱり不妊治療専門院は違います

生理不順、月経量少量、生理痛なし。趣味がバレーボールと温泉の私には好都合でした。しかし、結婚はできても子供は出来るか分からない・・・そんな事も昔から思ってました。
27歳で私は周りの人より早く結婚しました。それから結婚、出産ブーム・・気づけばあの時私より遅く結婚した友達が2人目出産、育児・・・何より私より5コ年上の夫を父親に、私の両親、夫の親に孫をみせてあげれない事・・・けれど私も何もしなかったわけじゃありません。岡本HPは3ヶ所目。それまでに排卵誘発剤、タイミング療法、卵管造影、人工授精。その時その時で治療をしていたつもりです。
救いは私の周り。年上の人でも不妊で悩んでいた人達がいた事。私だけじゃない・・・と心強かったです。その人たちが次々に岡本HPで妊娠。自分も今年で32才・・・夫や職場の協力もあり岡本HP受診にいたりました。
不妊の話、卵の話、培養の話。やっぱり専門HPは違います。岡本HPに受診して約5ヶ月、無事に1回で妊娠できました。不妊専門の岡本HPを受診した事が私のステップupだった気がします。
岡本先生、山口先生、看護師さん、事務さん、培養士の方々、そしていつも急に休みをもらいました職場のスタッフの皆さん、本当にいろいろありがとうございました。
不妊治療・・・子供を望んでいる多くの夫婦の方々に赤ちゃんが1人でも多くできますように・・・。

諦めず、頑張って本当によかった

結婚して3年がたち、なかなか子どもを授かる事が出来ず、周りから「子供はまだ?」という一言にいつも傷ついていました。
近くの産婦人科に1年半通い、岡本ウーマンズクリニックに紹介状を書いてもらって、2回目の凍結胚移植で妊娠し、元気な男の子を出産する事が出来ました。
不妊治療に最初は抵抗がありましたが、治療をしていなかったら可愛い我が子を抱く事は出来なかっただろうと岡本先生方には感謝の気持ちで一杯です。諦めず、頑張って本当によかったと思います。
貴院に通っている皆様、先生を信じて頑張って欲しいと思います。

妊娠期間には期限がある

今回、お世話になりました岡本先生はじめ、副院長先生、スタッフの方々の妊娠期間には期限があるという言葉がなければ本腰入れて不妊治療に取り組む事はなく、子どもを授かる事もなかった様に思います。なので本当に感謝しています。ありがとうございました。

初めて男性側にも不妊になる原因があることを知りました

今回不妊治療を行うことになり、初めて男性側にも不妊になる原因があることを知りました。私も少し精子の量が少なく、また元気もなかった為、私も不妊治療を体験しました。
おかげ様をもちまして、嫁も無事出産に至りました。これも岡本ウーマンズクリニック様に通院したおかげであります。ありがとうございました。
男性の不妊については、最近メディアでも取り上げられているので、徐々に認識はあがってきていると思いますが、まだまだのように思いますし、また不妊治療に高額のお金がかかる状況であるので、国等が不妊治療の助成をもっと行ってほしいと感じます。
この度は本当にお世話になりました。

早目に決断して良かった

結婚して7ヶ月経った頃にこちらに来ました。早いと思われる方もいると思いますが、私(夫)が37才という事もあり、少しあせりもありました。
検査の結果、原因は私、妻の両方にあり、早目に決断して良かったと思いました。そして通いだして8ヶ月目に赤ちゃんを授かる事ができました。今は出産日が待ち遠しくてたまりません。
不妊治療で悩まれている方が皆、幸せになる事を祈っています。

治療を頑張っている女性のことを思って一歩踏み出してみては

私達夫婦は凍結胚移植で子どもを授かることができました。
不妊治療と言っても私が実施したのは精子の検査くらいのもので、それもただ採精室において自分で射精した後、精子を検査室に提出するというものでした。肉体的には、何ら苦痛はありませんでした。確かに精神面では、病院のスタッフとはいえ自分の精子を見ず知らずの人に見られるという恥ずかしさや、自分の精子に異常があった場合にその事実を受け入れることへの抵抗感があり、少しの苦しさがありました。しかしそれもその後の治療を通じて、目にする妻が耐えなければならない肉体的、精神的な大変さに比べれば何というものではありませんでした。
症状によって治療内容が違い一概には言えないのでしょうけれども、男性の負担は女性のそれよりも軽いように思えます。男性の方で検査、治療をするか悩んでおられる方は更に大変なはずなのに治療を頑張っている女性のことを思って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか!

ハッキリ言って頂いて決心できました

タイミングを試しながら治療に励んで一年が過ぎ、仕事の都合などでその間に人工授精を1度しか出来なかった事もあり、副院長先生から「赤ちゃんを望んで治療されているんですよね」と体外受精を勧められました。
正直自分の中でもこのままダラダラと治療を続けていても時間と治療費の無駄ではないかと悩んでいたので、勧めていただいて背中を押して貰えました。私達夫婦の場合は両方に原因もありましたし、ストレートにこのまま続けても望みがゼロではないけど薄いとハッキリ言って頂いて決心できました。
20代の私達には費用がホントに高額で、家族の手伝いが無ければ難しかったと思います。
無事に妊娠が成立した時にはホントに嬉しかったです。でも胎動を感じるまではずっと不安もありました。無事に出産を終えたら今は喜びと感謝で一杯です。
治療中1番の支えになってくれた夫をはじめ岡本クリニックと産院の皆さんや家族、みんなが居たからこの子に会えました。皆さんの元にもコウノトリが来てくれる事を願っております。

職場や家族のサポート、看護婦さんの温かい言葉に支えられ、がんばれました

38才で結婚をし、すぐに妊娠出来るだろうと考えていましたが、なかなか妊娠出来ず主人と相談をし、岡本ウーマンズクリニックにお世話になりました。
周囲が結婚、妊娠、出産と順調に行っている様子や、保育の現場で働き保護者が妊娠し家族が増えていく姿を見てとても不安になったり焦りが強くなり、夜一人で泣く事もありました。又、検査の結果、自分の体が妊娠しにくい状態にある事、子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、チョコレート嚢胞とたくさんの病状が分かり、正直妊娠出来ないと考えた事もありました。しかし治療をしながら先生方や看護婦さんの言葉に勇気づけられ5個受精し、1個凍結することが出来ました。
妊娠と確認できた時にはとても嬉しく思わず泣いてしまいました。その後も出血が続いたり、つわりがひどく点滴を打ったりといろいろありましたが無事赤ちゃんを腕の中に抱く事が出来ました。
治療や検査は正直辛いし大変でした。しかしそれ以上に自分の子どもが欲しいという気持ち、職場や家族のサポート、看護婦さんの温かい言葉に私自身支えられ、がんばれたと思います。これから治療を考えている方、又治療をしている方、精神的、肉体的、経済的にも大変かと思いますが、妊娠、出産にはそれ以上の喜びがあります。たくさんの人に助けてもらい時には甘えながら治療を頑張って下さい。

長期戦になることを覚悟しました

40代の私と30代後半の妻、体外受精での出生率は平均35%とのこと。また私の精子の運動率が低かったこともあり、長期戦になることを覚悟しました。(金銭面では正直不安でした)
今回、私達は顕微授精での取り組みでしたが、夫の方は精子を採取、提出するだけなので簡単でした。しかし妻の方は、採卵前の準備において体への負担が予想以上に大きい様子で、横で見ていて心配になりました。
結果的に1回の採卵と2回の胚移植で懐妊。元気な子供が無事に産まれてくれました。
岡本ウーマンズクリニックの皆様のご助力と妻の頑張り、そして我々夫婦の元に産まれてきてくれた我が子に感謝致します。

ここでならとの思いを強く持つことが出来ました

結婚し子どもをと思い妊活を始め半年した頃、すでに高齢出産の年齢であったことから、産院を受診したことが治療の始まりでした。最初の産院でタイミングから始まりましたがなかなか授からずこの時の担当医から岡本ウーマンズクリニックを勧められました。
初めは不妊治療をステップアップすることに不安と抵抗があり、岡本ウーマンズクリニックに行くまでに1年間かかりました。実際に受診をしてみて、岡本先生からの話を聞きここでならとの思いを強く持つことが出来ました。しかし、落ち込むことも多く、検査から妊娠までの期間は丁度1年でしたが、夫婦間の子どもを授かることについての心構え、準備に必要な時間だったのだと今は思っています。
岡本先生、山口先生、看護師、スタッフの皆様の支えあっての今だと感じ、心から感謝しています。ありがとうございました。

色々と大変でしたが、不思議と苦にはなりませんでした

この度、元気な男の子を無事出産しました。
貴院にはH27.1から通いはじめ、1度の採卵・凍結胚移植で妊娠することができました。結婚5年目にして、ようやく我が子を抱くことができました。
片道2時間以上かけての通院や、採卵に向けての自己注射など色々と大変でしたが、主人も協力的でしたし、不思議と苦にはなりませんでした。凍結胚も残っていますので、また2人目の治療もお世話になりたいと思っています。
院長先生をはじめ、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

妻の精神的な負担を軽くしてあげる事が大切

当初治療を始めた時は、不安も大きく費用や妻の心情等の心配もありましたが、治療と妻の努力の甲斐もあり平成28年4月に無事に長男が誕生しました。
妊娠中も無事に産まれてきてくれるか日々不安に思う事もありました。しかしながら2人で協力して頑張って治療を進めていった事、妊娠中の妻のお腹の中にいた子供の生きる力を信じて今日に至る事ができました。
不妊に悩む方も多いと思いますが、特に大切な事は妻の精神的な負担を軽くしてあげる事が大切だと思います。治療は夫婦2人で乗り越える心構えを特に男性は持つ必要があると感じました。

この病院だったら必ず妊娠出来ると思えました

H28年4月に待望の男の子を出産することが出来ました。
もともと、生理不順だったこともあり、結婚を機に不妊治療を受けました。一般の産婦人科での不妊治療は、赤ちゃんを抱いている幸せそうな家族の姿に何度も涙し、結果が出ない事への不安が募るばかりでした。
長崎に引っ越した事もあり、岡本先生の所にお世話になりました。不妊専門という事もあり、詳しく検査してもらう事ができ、AMHの低さを指摘され、すぐに体外受精を行いました。
通院、投薬は大変ですが、岡本先生、山口先生をはじめスタッフの方々の熱心な対応に、この病院だったら必ず妊娠出来ると思えました。岡本ウーマンズクリニックには子供が欲しいと願う同じ境遇の方々ばかりなので、周りの目を気にせずにいられました。
採卵を1回行い、新鮮胚移植、凍結胚移植2回目で妊娠する事ができました。途中、子宮外妊娠になり片側の卵管を切除しましたが、必ず愛する主人の子供を産みたい、主人を父親にしてあげたいと思い諦めず通院しました。
我が子を抱く事が出来た瞬間、辛い治療も忘れられ、この日のために頑張ってきたんだなぁと思えます。妊娠、出産は本当に奇跡。私は一般の産婦人科で詳しく検査せず排卵誘発剤を2年程飲んでいました。今考えるとその時間は無駄であり、検査を早くすれば良かったと思っています。
岡本先生を信じて治療すれば必ず前へ進めます。同じ境遇の方々に幸せが訪れることを心から願っています。

可愛い我が子の顔を見ながら頑張ってよかったと心から思います

先日、元気な男の子を出産しました。
岡本先生、山口先生、そしてスタッフの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!私たち夫婦を親にしてくださって、本当にありがとうございました!
私は高校の頃から生理不順で婦人科に通っていました。24歳で結婚し、近所の産婦人科でタイミング治療を2年ぐらいしてましたが、授かることができませんでした。そこで思いきって仕事を辞め、遠方の岡本ウーマンズクリニックに通院することを決めました。
詳しく検査をした結果、多のう胞性卵巣と高プロラクチン血症だとわかりました。2回タイミング治療をしても結果が出ず、ステップアップすることになりました。人工授精は多胎のリスクが高まるのであきらめ、体外受精をすることになりました。卵子が多い分、誘発の際、卵巣が腫れ気味になりましたが、私に合った誘発法をしてくださったことでOHSSにならずに済みました。そして幸運にも1度の胚移植で妊娠することができました。
不妊治療は金銭的、肉体的、精神的にも本当に大変でしたが、今可愛い我が子の顔を見ながら頑張ってよかったと心から思います。また2人目の時にはお世話になりたいと思います。

↑PageTop